トップページ

エリアから探す



キャバクラとは

語源はフランス語由来の「キャバレー」(cabaret)と、英語由来の「クラブ」(club)を合成した造語で、和製外来語である。キャバレーのような明朗な時間制料金で、クラブの高級感を合わせ持つことを意図した。

1980年代半ばに現れた業態で「風俗営業等取締法」改正後の新たな業態として注目された。当初は「3回通えば、店外デート」がセールスポイントであった。料金が時間制である点がスナックや高級クラブと異なる。その後、内容も多少変わっているが、店外デートを目当てに通う客は後を絶たない。過当競争の続いた1990年代後半以降、繁華街を避けた郊外出店もみられる。

女性従業員(ホステス)には「笑顔での応対」や「相手に話を合わせながらいい気分でお酒を飲ませる」など、感情労働を求められる。

類似の名称に「セクキャバ」「お触りキャバクラ」「ピンキャバ」などがあるが、一般に性的サービス内容によって、セクキャバとお触りキャバクラは「セクシーパブ」に、ピンキャバは「ピンクサロン」に分類される。逆に男性従業員が女性客を接待する同様の業種に「メンズキャバクラ」がある。

サービス内容

料金は時間制で明朗会計である。キャバクラ嬢が隣に座り、接待する。性的な愛撫などは禁止されている。 また店外デートについては「同伴」出勤や店の閉店後にキャバクラ嬢と客で酒などを飲みに行ったりカラオケに行ったりするアフターがある。同伴出勤の回数はキャバクラ嬢の給与体系の中に組み込まれており、同伴回数にノルマを設けている店なども存在する。また同伴回数を店内での指名回数やドリンクの売り上げ等と合わせた形でポイント化し、時給を上下させる基準として利用している店もある。

  • ショータイム
ショータイムを実施している店において、特定の時間や特定の期間中に店内で行われる店の女性従業員(キャバクラ嬢)が出演するショーの時間。ショータイムに出演している従業員のことを「ショーメンバー」という。歌、ダンスが主流で、中には本格的なショーを演出している店もある。

  • 昼キャバ
本来キャバクラは風適法の関係上、遅くとも深夜1時には営業を終了しなければならないことになっているが、従来はその制限を守らず、客がいる限り深夜4~5時頃まで営業を行う店がほとんどだった。しかし近年になって警察の取締が強化され深夜帯の営業が困難になりつつあること、また雇用形態の多様化から昼間でもキャバクラのような業態の店舗に対するニーズが生まれてきたことから、主に既存のキャバクラが、昼間遊んでいる店舗の活用、深夜帯の営業中止により減少した売上を少しでもカバーすることなどを目的に、昼間から営業を開始する例が見られるようになった。これら昼間営業するキャバクラを通称「昼キャバ」と呼ぶ。

昼キャバと一口に言っても、実際はホストクラブにおける「二部営業」(夕方~深夜1時までの1部、日の出~昼頃までの2部と営業時間を分けて営業する形態)同様の営業形態を取る店もあれば、昼頃にオープンし夕方まで営業する形態の店など、営業形態は様々である。

類似業種

  • クラブ
従来から存在する業態で、ホステスが客の横に座り接客する点はキャバクラと同じだが、一般的に料金が時間制ではなく、ボトルキープが基本(料金体系が明確でない)。

  • キャンパスクラブ(キャンパスパブ)
女子大生がアルバイトでホステスをしていることを売り物にする店。アルバイトクラブとも言う。キャバクラよりやや古く、1980年頃登場した。サービス内容はキャバクラと同様だが、素人風を売り物にしており、ショータイムはない。

  • コスプレキャバクラ(コスプレパブ)(略称:コスキャバ、コスパブ)
ホステスがコスプレをして接待することを売り物にする店。メイド・制服・アニメのキャラクターなど店舗によって内容が異なる。2003年、東京の神田駅前にオープンした店が発祥である。

  • ランジェリーパブ(略称:ランパブ)
裸の上にランジェリー以外は身に付けないで接待する店。但し、ホステスの体を触ることは禁止されている。その他はキャバクラとほぼ同様である。

  • セクシーパブ(セクキャバ、お触りキャバクラ、など)
ホステスが接客する際、裸になり、体を触ることが可能な店。但しピンクサロンとは異なり、ホステスが客の性器を刺激し射精させるサービスはない。また、一般的に店内はキャバクラよりも暗い。

  • ガールズバー
2006年頃より増え始めた業態。基本はショットバーで、店員(バーテンダー、ウェイトレス等)は客席に付かない。店員の大半が若い女性で、カウンター越しではあるが、会話を楽しむことができる。

  • シングルスバー
2008年はじめ頃から増えてきた業態。独身の男女が来店し、そこで異性と自由に会話のできるバー。完全会員制であることが多く、話したい異性がいたら、その旨店舗スタッフに伝えると仲介してくれる。女性もお客であるという点がキャバクラと異なるが、店舗が募集をかけていることもある。

地方での別称

  • ニュークラブ
札幌・ススキノでは「キャバクラ」という名称がセクシーパブ(ホステスが裸になる店)を指すため、脱がない店を指すために作られた名称。札幌以外に北海道各地(苫小牧・旭川など)をはじめ、青森など北東北の一部で用いられる。安い料金設定のキャンパスクラブなどとの差別化のために、店名の頭に「New Club」をつけている高級感のある店も多い。

  • ラウンジ
九州の一部地域(主に北九州市など)では、北海道と同様に「キャバクラ」という語がセクシーパブを指すため、女性が脱がない店を特にこう呼ぶ。「ラウンジ」は関西では低価格の「クラブ」を指す。



  • 最終更新:2012-04-19 12:06:58

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード